似合う色の選び方【紫】

2020/03/15
 
似合う紫の選び方
この記事を書いている人 - WRITER -
Nakai Mika
ビジネスからパーソナルまで、色とファッションの効果的活用法を提案するカラーコンサルタント。 企業や個人向けカラー&ファッションアドバイスの他、専門学校などでファッションや色彩の講師を務めるほか、百貨店やショッピングセンターでのカラー研修を行っている。また大手通販会社にて商品企画やパーソナルカラーコンテンツの監修を務めるなど、色とファッションが関連する業務を多岐にわたり手掛けている HP:https://karamu.jimdo.com/ BLOG : https://ameblo.jp/mouhitohana/

紫選びのポイント

春と秋に人気がでてくる色と言えば紫。紫の洋服には、エレガントさや美的センスを感じさせることも多く、
女性の中でも人気が強い色です。

この紫という色は、得意な人と苦手な人が分かれる色です。お得意なのがブルーベース。
中でもサマータイプは、比較的、どんな紫でも着こなしてしまう方が多いです。またウィンターも同様に濁った色や薄い色でなければ似合います。
その一方で、苦手なのはイエローベースのスプリング、オータムの方。
ただ苦手とはいえ、イエロベースの方に似合う紫がないわけではありません。
ではどんな色を選べばいいのか?パーソナルカラー別に似合う紫の選び方をご紹介していきます

合う紫を選ぶポイントは、ご自身の得意な「明度と彩度」を意識して選ぶということです

 

パーソナルカラー<ウィンター>に合う紫

 

ウィンターは紫は得意です。はっきりした青紫や赤紫からダークパープルまで、濃い紫や暗めの紫が
お顔の印象をぼやけさせずお似合いになります。
一方苦手なのは、濁った色や薄い色。印象がぼやけたりお肌が濁って見えるので注意しましょう。

パーソナルカラー<サマー>に合う紫

 

サマーは紫はとても得意です。中でも明るい紫や柔らかい薄い紫でお肌が綺麗に見えます。
ラベンダーの様な淡い紫から蘭の花の様な濃い紫まで、多少あざやかめ、暗めでもお似合いになります。
ただそれでもとても鮮やかな色は避けましょう。試着して色が浮いて見えたら苦手な色です

パーソナルカラー<スプリング>に合う紫

 

スプリングは紫の青みが苦手ですので、その苦手感を払拭するために、明るくて少しはっきりした色を選びましょう。
パンジーの様な明るい紫がおすすめです。
一方青みの強い紫や、暗い紫、鮮やか過ぎる紫は苦手なので避けましょう。

 

パーソナルカラー<オータム>に合う紫

 

暗めの紫を選びましょう。ぶどうやナスの様な落ち着いた紫、ブラウンに見える様な色だとお似合いになります。
ただ暗い紫でも青みの強い紫は避けましょう。

 

特にイエローベースの方にとっては、似合う紫選びは難しい作業です。
だからこそ、明度と彩度であたりをつけて選び、その後必ず試着しましょう。
お顔に影ができていないか、顔色が悪くなっていないか、慎重に顔映りを見て下さいね。
なんとなく苦手だと思っていても、似合う紫を選べば違和感なく着こなせます。
ぜひ紫をお楽しみくださいね(^^)v

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Nakai Mika
ビジネスからパーソナルまで、色とファッションの効果的活用法を提案するカラーコンサルタント。 企業や個人向けカラー&ファッションアドバイスの他、専門学校などでファッションや色彩の講師を務めるほか、百貨店やショッピングセンターでのカラー研修を行っている。また大手通販会社にて商品企画やパーソナルカラーコンテンツの監修を務めるなど、色とファッションが関連する業務を多岐にわたり手掛けている HP:https://karamu.jimdo.com/ BLOG : https://ameblo.jp/mouhitohana/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カラムマーケティング東京 , 2020 All Rights Reserved.