小さくても選ばれるファッションサイトであるのために

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Nakai Mika
ビジネスからパーソナルまで、色とファッションの効果的活用法を提案するカラーコンサルタント。 企業や個人向けカラー&ファッションアドバイスの他、専門学校などでファッションや色彩の講師を務めるほか、百貨店やショッピングセンターでのカラー研修を行っている。また大手通販会社にて商品企画やパーソナルカラーコンテンツの監修を務めるなど、色とファッションが関連する業務を多岐にわたり手掛けている HP:https://karamu.jimdo.com/ BLOG : https://ameblo.jp/mouhitohana/

小さなネットのファッションショップの可能性

洋服はネットショップで購入するのが当たり前の時代になりました。
時間を気にせずいつでも購入できて、しかも自宅まで商品がとどく!
忙しい女性にはネットショップの利便性は何物にも代えがたいものになっています。
更にこのところのコロナウイルスの影響により、今後は「洋服は家で買う」傾向が更に顕著になるものと思われます。

そんな幸先有望なネットショップですが、実は2018年度の倒産件数は過去最高なのだとか。
この背景にあるのが、ネットショップの競合激化です。
価格競争に巻き込まれてしまったら最後、小さな店舗や零細企業は大手ECサイトには太刀打ちできません。
では価格競争ではない方法で戦うにはどうしたらいいのか?
その解決法の一つがサービスの個性化です。

ネットショップでの買物で不安なこと


GMOリサーチ株式会が実施した「ネットショッピングに関する実態調査」によると
ネットショッピングでの不満で多い意見は、男女ともに
・送料が高い
・セキユリティが不安
などが上位にくるが、女性の意見として多かったのが
・情報量が多い
ということ

実店舗と違って販売スペースに限度がないネットショッピングのサイトであるが
それが却って消費者にとっては「自分に合うものが見つけ出せない」という不便を生み出しているということ
商品を検討する前に、自分に必要なものを探し出すのに疲れてしまっているという構図です
ただ商品量が少ないサイトはやはり魅力が薄いため、ある程度のボリューム感はキープしたいところです
そこで望まれるのが利用者にとって選びやすい商品のカテゴライズです

 

パーソナルカラーを使った商品の分類

パーソナルカラー診断というのは、ドレープと言われる色布をあてて似合う色を見つける診断のこと。
人それぞれ似合う色が違いますが、大きくは4つのタイプに分かれます。
この4つは、それぞれスプリング、オータム、サマー、ウィンターという季節の名前がついています。

取り扱い商品の色をこのカテゴリーで表記するメリットは、ショップ側とお客様の間で色の情報共有ができることです。お客様からの返品理由の一つに、「届いたら色のイメージが違っていた」ということがよくありますが、これはモニターに映る商品画像だけでは、やはり伝えることに限界があるためです。そんな色の誤解を失くすためにも、色をパーソナルカラーのグループで伝えることは有効です。特に色にこだわりのあるお客様にとっては、安心材料の一つとなり、購買に繋がりやすくなります。

ではそのパーソナルカラーでは、色をどのように分けているのか?それを解説していきます。

パーソナルカラー スプリング

・黄みの強い明るい色が似合うタイプがスプリングです
・スプリングの色は、春の花や新緑の緑の色。明るいオレンジ、黄色、ベージュ、茶色、クリアな紺、コーラルピンク、フレッシュなグリーンなどクリアで明るい色です。
・スプリングの人は、明るい印象で年齢より若く見える人が多いのが特徴。有名人では藤田ニコル、上戸彩、藤原紀香 などがこのタイプ

 

パーソナルカラー オータム

・黄みが強くて、濃く深みのある色が得意なのがオータムです
・スプリングの色は、秋の枯葉を思わせる、ナチュラルで深い色。渋いカーキ、マスタード、オレンジ、濃い茶色などの深い色や、スモーキーな色が多いのもオータムの特徴です。・オータムの人は、知的で、大人っぽい雰囲気をもたれている方が多いのが特徴。有名人では米倉涼子、吉高由里子、加藤綾子などがこのタイプ

 

パーソナルカラーサマー

・青みがかった明るい色が得意なのがサマータイプです
・サマーの色は、紫陽花の花を思わせる、爽やかでソフトな色。ベビーピンクやウオーターメロン、パステルイエロー、スカイブルーなどの優しいパステルカラーや、モーブなどの明るいグレイッシュカラーがサマーの色です
・サマーの人は、爽やかな中にも、上品さやエレガントさが漂う雰囲気を持たれた方が多いのが特徴。有名人では、綾瀬はるか、浅田真央、黒木瞳、吉永小百合などがこのタイプ

 

パーソナルカラーウィンター

・原色やモノトーン、青みがかったはっきりした色が得意なのがウィンタータイプ
・ウィンターの色は雪や常緑樹の緑、クリスマスカラーなど、冬の冷たい空気にもぱきっと映える色。原色の赤や青色、ショッキングピンク、ダークグリーンやパープル、モノトーンなどがウィンターの色です。
・ウィンターの方はクールでシャープな雰囲気で、独特の存在感を持たれている方が多いのが特徴。有名人では、栗山千明、柴崎コウ、広瀬すずなどがこのタイプ

 

ファッションサイトのパーソナルカラー分類取り入れ事例

・(弊社監修) ディノスセシール パーソナルカラー自己診断 タイプ別おすすめアイテム
パーソナルカラータイプ別診断
パーソナルカラー診断で分かる私に似合う服

 

ファッションを選ぶ時に色は最大のポイントです。お客様の「実物を見たい!」のニーズに答えるために、パーソナルカラーの
カテゴライズを取り入れたサービスはとても有効です。競合から1歩抜きんでるためにぜひご活用ください

この記事を書いている人 - WRITER -
Nakai Mika
ビジネスからパーソナルまで、色とファッションの効果的活用法を提案するカラーコンサルタント。 企業や個人向けカラー&ファッションアドバイスの他、専門学校などでファッションや色彩の講師を務めるほか、百貨店やショッピングセンターでのカラー研修を行っている。また大手通販会社にて商品企画やパーソナルカラーコンテンツの監修を務めるなど、色とファッションが関連する業務を多岐にわたり手掛けている HP:https://karamu.jimdo.com/ BLOG : https://ameblo.jp/mouhitohana/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カラムマーケティング東京 , 2020 All Rights Reserved.